コトハ東京PVPクリニック
ご予約・お問い合わせ03-3460-0817

プライモーディアル・ヴァイブレーションプログラムを受ける方へ

施術を受ける際の注意

以下の点にご注意ください

    • お願い
    • ① 手足の爪は切っておいて下さい。
    • ② 前日または当日にシャワーを浴びておいて下さい。
    • ③ お食事は施術の予約時間のおよそ2時間前までにお済ませください。
    • ④ コンタクトレンズをご使用の方は、外して頂く場合がありますので、ケースおよび保存液をご用意下さい。
    • ⑤ 施術は着衣で横になって行います。途中うつ伏せになることもあるため、施術後に化粧直しが必要であれば、ご自身がお使いのものをご持参下さい。
  1. ご予約時間のおよそ10分前までにはお越しください。10分以上遅れると施術ができなくなることもあります。予めご了承ください。
  2. 治療当日は、仕事や遠出などの用事を入れないようにお願いします。施術後は帰宅し、ゆっくりと休息を取ることが大切です。
  3. 女性の方は、妊娠中は原則的に施術を受けられません。また、生理が始まって3日間は受けられないことがあります。その可能性がある場合には、前もって医師に相談してください。
  4. 施術当日の体調によっては、中止、あるいは治療内容が変更されることがありますので、予めご了承ください。
  5. 施術をお受けになる方は、お車や自転車での来院はご遠慮頂いております。施術後は身体がだるくなったり、眠くなったりすることがあり、運転が危険になることがあるからです。

PVPは代替医療です

PVPの目的は健康増進と幸福の拡大です

PVPの目的は、心身に深い休息とリラクゼーションを与え、ストレスや緊張を軽減し、生理機能にバランスと調和をもたらし、健康に向けた行動変容を導くためのものです。従って、現代西洋医学およびいかなるその他の医療の治療に取って代わるものではありません。そのため、現在何らかの医療を受けている場合は、それらを自己判断で中止せず、それらを診断、処方した医療機関および医師等に相談して下さい。

PVPによって生じる生理機能の反応について

ストレス解消と呼ばれる現象が起こることがあります

PVPを進めていくことで、心身のバランスが回復されていきますが、その過程において、これまで心身が抱えていた歪み等が表面化し、疲労感、だるさ、食欲の減退、身体各所の痛み、いらいら、抑うつ気分などの症状が現れる場合があります。これらの症状は、施術後数日間続く場合もありますから、医師の指示に従い十分に食生活を管理して下さい。過度な活動や睡眠不足、胃腸に負荷をかける食事等によって心身のバランスを著しく乱すと、予期せぬ症状や病態が生じる可能性がありますのでご注意下さい。万が一、症状の悪化が著しく、プログラム継続が難しいと判断された場合は、その時点で中止となる場合があります。

施術をお受けになれない方

残念ながら、以下の項目に該当する方は、施術が受けられない可能性があります

該当項目がある場合は、必ずご予約のお問い合わせの際、あるいは医師の診察の際にその旨をお伝えください。万が一、内容を伝えず施術が開始され、その後体調や病態等が悪化しても対処しきれない可能性があります。ご注意ください。

  • ① 心臓病があり、医者にかかっている方
  • ② 心臓ペースメーカーを装着している方
  • ③ 妊娠している、または可能性がある方
  • ④ 月経の3日以内で非常に疲労している方
  • ⑤ 一人で来院し、帰ることが出来ない方
  • ⑥ 施術ベッドに一人で上がることが出来ない方
  • ⑦ 仰向けで1時間近く寝ることが出来ない方
  • ⑧ うつ伏せで30分近く寝ることが出来ない方
  • ⑨ 手術後の抜糸が済んでいない方
  • ⑩ 開放傷があり、処置をしている方
  • ⑪ 飲酒後2時間以内である、酩酊状態である方
  • ⑫ 過去3年以内に精神神経科あるいは心療内科にかかり、薬物等の処方を受けていた方
  • ⑬ 過去に統合失調症、強迫神経症、うつ病の診断を受けている方
  • ⑭ 一年以内に、低血圧、貧血などによって転倒したことがある方

PVPリモートを受ける際の注意事項

PVPリモートは、遠隔で行われるので、患者様がその効果を体感しやすくするために、プログラムが行われている時間帯、以下のことをお勧めします。

  1. 出来るだけ静かな屋内に居てください。人混みや繁華街などの混雑した場所、あるいは屋外での移動は出来るだけ避けてください。
  2. 激しい活動はせず、リラックスした時間をお過ごしください。軽い作業や運動などは構いません。その時間帯に瞑想することはとても良いです。
  3. 食事は避けてください。空腹状態で受けるのが理想的です。少なくても食後1時間以上経っているようにします。プログラムが終わった後の食事は結構です。
  4. プログラムの終了後、体調の変化を感じ、頭痛、体のだるさなどの症状がある場合は、座るか横になるなどして、休息を取るようにしてください。
  5. 以下の禁止事項を必ず守ってください。

■禁止事項■
PVPリモートを受けている時間帯、以下の行為は禁止します。十分にご注意ください。
1.車の運転 2.入浴 3.飲酒 4.激しい運動